【占】藤ヶ谷太輔

占い
記事上広告
Sponsored Link

倉科さんとはどうなのよ? ドラマで恋人役の倉科さんとの関係は?

藤ヶ谷太輔さん
1987年6月25日生まれ
藤ヶ谷さん自身は華やかな草花。季節は夏です。
歌・踊りの才能があり、芸能界向きの人です。

<特徴1>
従生格一点破格があります。
運勢が大変強く、宿命の器が大きい人です。大成功者となれる宿命です。
伝えること、教えることで才能が発揮されます。

食べることに一生困りません。それに伴う財に困らないということです。

ただし、宿命には、火性が多く(赤字はすべて火性です)、第一守護神で、ありがたい水、(あればブルーの文字で表示されます)がどこにもありません。

想像してみてください、夏の草花にとって水がないのです!かなり苦しそうです。

ところが、ラッキーなことに、27歳から10年間と、37歳から10年間の合計20年間は、「水」が回ってきています。からからの状態は避けられてはいるようです。

<大運天中殺>

しかし、27歳から47歳の誕生日までの20年間は、大運天中殺にもあたっています!
意味合いは、運命の枠が外れて、どこまでも飛んで行ってしまうような20年間なのです。

この大運天中殺は知恵中殺なので、異常な才能を発揮できる可能性も秘めてはいます。
それとは別に、宿命に「生年中殺」があり、これは親中殺、目上中殺とも言われています。
親や目上と「縁が薄い」、または「頼れない」、というものです。

目上の人に対して苦手意識があるのなら、それを「克服する」というか、そのことで「苦労をする」ことが、本来もっている強い運勢を伸ばすことにつながっていきます。

前後しますが、1998年、藤ヶ谷さん11歳の年、ジャニーズ入所時期を観てみますと、藤ヶ谷さん自身のとなりに全く同じものが並んでいて、藤ヶ谷さんがあたかも2人いるような状態が、7歳から17歳までの10年間つづきました。

一人なのに二人分の存在感、非常に目立っていたのでは、と思われます。
ただ、この1998年は藤ヶ谷さんの年運天中殺にあたっていました。
かっこいいだけでなく、この存在感をして、下積みが長く、なかなか芽がでなかった、というエピソードはこのへんに原因があったのかもしれません。

<倉科さんとの相性は?>

さて、話を戻します。恋人役の倉科カナさんとの相性は何パーセントでしょうか?

総合的相性、63%です。かなり高いです。

実は、倉科さんも、現在大運天中殺の真っ只中なのです。


「受け身で過ごすこと」というのが、天中殺の過ごし方の原則です。具体的には、欲張らない、期待しない、心配しない、などです。
しかし、ことが結婚となりますと、普通の人は欲張りますし、期待もしますし、あれこれ心配もしてしまいます。
特に大運天中殺同士の結婚で、有名人同士となりますと、本人たちはもちろん、周りも、期待値を上げやすくなるでしょう。浮かれ気分で、良いところばかりが目につき、とても受け身でなどいられないでしょう。

結論としては、この結婚は・・・おすすめできません!

というか、このお二人の結婚は、「ない」と思います!
ドラマでの役作り、頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました