【結婚占】羽生結弦と今井遥

占い
記事上広告
Sponsored Link

「負けは死も同じ」フィギュア世界選手権で言い放った羽生結弦さんでしたが 今回は結婚について占ってみました!驚愕の結果が!   

羽生結弦さん
1994年12月7日生まれ
羽生さん自身は弱いともしびです。季節は冬。
炎が弱いのですが、混じりけのない純粋な木を燃やしているため、キレイに燃え、よい香りがする灯火です。人を惹きつける魅力や雰囲気をもつ人です。

<特徴>
羽生さんの場合、季節の第一守護神が透干していて、天将星になる根っこがあります。そのため守護神は、運勢の強さは最高の部類に入る「守護神帝王」ということになります。
フィギュアスケートで絶対王者になりましたが、どの分野に進んでも、一角の人物になれる人です。
もちろん本人の努力は重要ですが。

「目立つ場所がまとまっていて、目立たない場所が壊れている」。

これはまさに羽生さんそのもので、「精神的にまとまっていて、肉体的に壊れている」ということです。
困っても困っていないふりをする、痛くても痛くないふりをする、そうして格好よくふるまうと、日干がいきます。
運勢が徐々に上げてきていて、上げ方として最も理想的な形です。

<結婚の時期について>
結婚に適した時期は、20代に絞りますと、2020年と2022年です。

特に2022年28歳になる年が良いです。

30代に入りますと、結婚の適期と「正反対」を意味するものが同時にやってきて、幸せになろうとすると裏目にでる、というふうになりやすいので、20代での結婚をお勧めします。


<結婚相手について>
羽生さんの「地」に妻が座している形になっています。
本人の地に妻がいる、これは職場結婚、もともと近くに居る人、結婚後も近くに居ることができる人ということをあらわしています。

陽占では、妻の場は、龍高星になっています。
龍高星は人物で言えば、実の親以外で本人の面倒を見てくれる人、例えば「姐さん女房タイプの女性」、年上でなくても「面倒見のよい女性」。先ほどの「職場結婚」ということに寄せて考えるなら、マネージャー的な存在の女性、ということになります。

羽生さんが10代のころからウワサにのぼっていた、フィギュアスケートの選手で、2018年に現役を引退された、今井遥さんがいます。彼女は羽生さんより1歳年上です。彼女が面倒見の良い女性かどうかまではわかりませんが、仲良しの証拠写真が多数存在しています。

お二人の相性を調べてみると・・・

総合的相性が、59%です。良い方です。

ただし、そうなりますと、前述した、羽生さんの結婚の適期である2022年は、今度は、今井さんの方が「正反対」を意味するものがやってきていて、時期を再考する必要がでてきます。相性も良い方ですし、宿命にもピッタリの相手ですが、少し難しいでしょうかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました