【占】加藤浩次

占い
記事上広告
Sponsored Link

 

加藤浩次さん
1969年4月26日生まれ
加藤さん自身は宝石です。季節は春です。
宝石の役目は輝くことです。
ところが、加藤さんの場合、土性に囲まれてしまっています。
これでは宝石は傷つけられ、土に埋まってしまって輝けないただの「石ころ」です。

<特徴>
印綬格一点破格を持っています。
(数学の才能に秀でる。また「爆薬」という別名がついており突然爆発することがある)
加藤さんの場合、輝けないただの石ころどころか「周囲の力」により、輝ける役に立つ宝石です。
別名「お神輿運」といって、他人の力を借りて悠々と生きる特殊な才能があることを示します。
注意点としては、まわりの人間が自分を助けてくれて当たり前という感覚になりやすいことです。
余談ですが、不祥事で謹慎していた相方山本圭壱さんへの有名なセリフで
「当たり前じゃねーからな」
というのがあります。山本さんの復帰を「めちゃイケメンバー」が応援して当たり前だ、なんてことをゆめゆめ思うな、ということでしょうが、実は「自戒を込めて」の言葉だったのではないかと思います。 しかし、担がれるのには条件があって、担がれやすい人でいなければなりません。 「神輿は軽い方が良い」 具体的には「体制派」であること、つまり、吉本という組織にのっておかないことには、現在のような人気は保てなくなるよ、ということではないかと思います。 吉本興業から離れられなくなりますが、そのかわり禍から保護され、助けられます。 吉本興行の経営陣の総退陣を要求する、これはクーデターです。 それに加え、現在は、大運天中殺・年運天中殺と、ダブルできています。 このような時はなおさら、大きな決断をしてはいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました