【占い】槇原敬之、2度目の逮捕(薬物汚染)

占い
記事上広告
Sponsored Link

シンガーソングライターの槇原敬之さんが覚せい剤と危険ドラック所持容疑で、二度めの逮捕です!
約2年前に、同居していたパートナーが逮捕されていました。
それに端を発しているようですが詳細は明らかにされていません。
1999年、一度目の逮捕時は執行猶予付きの有罪判決を受けています。
早々に復帰し、後にトリプルミリオンヒットを飛ばしています。
さて、日本を代表するシンガーソングライターの槇原さん、どんな宿命をもった人なのでしょうか?
ああ、これか、と思わせるものがいくつも見えてきます。

槇原敬之さん

1969年5月18日生まれ

槇原さん自身は曲がりくねった川です。季節は初夏
くねくねと曲がりくねりながら流れることで、流れの先々でその土地や動植物を潤すことが役目の人です。
実際の槇原さんは、多くの楽曲を手掛けることで、人々を勇気づけたり癒してきました。
それは宿命に沿った生き方と言えるのではないかと思います。

特徴

変化後ですが、殺印相生完全格があります。

優秀で、運勢が大変強くスケールの大きい宿命です。
しかし、一見して動乱型の宿命であることがわかります。
音楽的才能と平穏な生活を引き替えにしてしまったかのような宿命です。

動乱の英雄

下図が槇原さんの人体図です。
天報星が2つあります。
安住の地を見つけづらい傾向にあります。
一か所に長居せず、流れ続けるのが良い人です。
サラリーマンなら転勤の多い仕事を選ぶとよいといわれています。
槇原さんのような自由業の人は、ちょこちょこ住まいを変えたり、国内外問わず移動し続けるようなスケジュール構成が向いています。

名誉に振り回される

下図が槇原さんの命式です。
名誉」をあらわすものが2つ透干しています。
名誉に振り回されます。場合によっては本人が潰されることもある過酷な宿命です。

「世界に一つだけの花」
この楽曲の作詞作曲は槇原さん自身です。
「ナンバーワンでなくても、オンリーワンでいいのだ」という歌詞の内容が人々の心に突き刺さり大ヒットにつながったのでは、と思います。
しかし、こうして槇原さん自身の命式を拝見すると、ナンバーワンにこだわり振り回されたのはまぎれもなく槇原さん自身であったのではないかと思います。自戒の念を込めた作品だったのでは?と思います。

そしてまた、この「名誉」を星になおすと「仕事の星(車騎星)」あるいは「パートナーの星(配偶者の陰陽)」となります。
ある時は名誉に振り回され、またある時は仕事に振り回され、そしてパートナーに振り回される、というような宿命なのです。
そしてまた、ここは「格の守護神」でもあるのです。
名誉が神であり、仕事が神、そしてパートナーが神なのです。
なんとも複雑な宿命です。
だからといって違法薬物に手を出す理由にはなりません。

天と地のズレ

この部分に関して付け加えますと、下図のように天と地がズレているのがわかります。
思いがけない事件や事故にあいやすい人です。
しかし悪いことばかりとは限らず、宝くじに当たったり、思いもかけないことを起こす人でもあるのです。

「世界に一つだけの花」は前代未聞のトリプルミリオンを売り上げ、歴史に残る偉業となりました。「思いもかけないこと」とはこういうことなのだと思います。

ちなみに、天と地がズレている宿命は「米津玄師」さんも持っています。
大ヒットメーカーです。
以前に占っていますので、よかったら動画でご覧ください。

米津玄師、天地がズレています

最後に

前科があるからといって、これだけの人物を逮捕するわけです。

警察・検察ともに時間をかけ威信をかけて準備してきての今回の逮捕なのでしょう。間違いがあってはいけませんから。
しかし2016年、ミュージシャンのASKAさんの二度目の逮捕時は、嫌疑不十分、不起訴処分で釈放、という悪しき例があります。
さて槇原さん、どうなりますでしょうか。

YouTube動画で観るとわかりやすいかもしれません(=^・^=)

   ↓↓↓

【占い】槇原敬之、2度目の逮捕。パートナーに振り回され、仕事に、名誉に振り回されました。場合によっては潰される・・・過酷な宿命!
槇原敬之、2度目の逮捕!しかし「神に愛されている人」です。強い運勢を持っています。そのかわりに過酷な宿命を背負わされています。「安住の地」はみつかるのか?【参考動画】【恋愛占い】米津玄師、天地がずれてます!◆◆◆チャンネル登録お願いします(=^・^=)◆◆◆...

コメント

タイトルとURLをコピーしました