【占】松本人志を占う  

お笑い芸人
記事上広告
Sponsored Link

吉本興業問題で加藤の乱に続き松本の乱勃発!

松本興行旗揚げなるか? 占ってみました。意外な結末が・・・

松本人志
1963年9月8日
松本さん自身は、大きく優れた樹木。季節は秋です。
大木で、しっかりした動じない人です。安定した強さを持っています。


<特徴> エネルギー量が大変大きい人です。 第一弾でみた岡本社長(サムネ出す)と同じで 車で例えるならダンプカーか、F1カー。そこにいるだけで存在感や威圧感が半端ない人です。 松本さんの人体図は、岡本社長と似たような星の配置をなしています。このように主星がいっしょで、名誉にこだわり執着するところがある、ところも岡本社長といっしょです。 ただ岡本社長は、自分思い、自己中心的なところのある人ですが、松本さんは「仲間、あるいは兄弟思い」の人です 岡本社長は仕事のパートナーとして大変「グー」な相手です。 <特徴その2> 身体剛健、無病息災の人です。 一目瞭然ですが、松本さんの筋肉、すごいですよね。身体剛健という下地があってこその筋肉です。自己管理のできる人なのでしょう。気力と体力で長生きしそうです。 <加藤浩次との運勢的な違い> 松本さんの運勢的特徴の一つとして「反体制派の質を持つ」というのがあります。 世の中に逆らった生き方になりやすく、また人のできない生き方ができる人です。 組織人というよりは一匹狼、仮に組織人になったとしても体制側には与しにくい人、ということでしょうか。 一方、加藤浩次さん、第二弾で述べていますが、体制側にいてこそのお神輿運、周りがどんどん持ち上げてくれます。しかし一たび反体制派にまわれば、たちまちただの「狂犬」になってしまう、という運勢で、真逆と言って差支えないと思います。 <結論> 運勢的にみれば、芸人たちを連れて吉本興業を出るのは、加藤さんではなく、松本さんです。松本興行の旗揚げはあるかもしれません。 ただし、旗揚げは、今年いっぱい、遅くても来年の立春まで、と期間が限られています。タイトなスケジュールです。 立春以降は、年運天中殺に入りますので、大きく動くことはお勧めできません。 ですが、松本さんと岡本社長は、ビジネスパートナーとして大変相性がいいのです。大鉈を振るわずとも分かり合える相手なのです。ただ二人と名誉にこだわり執着する人たちですので、お互いのメンツを立てることが大事です。そうすれば、うまくいく相手です。あえて松本興行など旗揚げする必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました