【占】嵐・二宮和也

占い
記事上広告
Sponsored Link

嵐の二宮和也さんとフリーアナウンサーの伊藤綾子さんの相性、結婚の好機などを占っていきます。

 

二宮和也さん
1983年6月17日生まれ
二宮さん自身は真夏の太陽と水です。バランスのとれた秀でた聡明な人です。注意点として事故などには十分気を付けてください、ということでした。
詳しくは、もう一つの動画をご覧ください。

 

伊藤綾子さん
1980年12月23日生まれ
伊藤さん自身は焼かれる斧です。季節は冬です。
整った日干支をお持ちです。大変粘り強い人で
学者として名誉を求めるような生き方が向いています。
整っていることは良いことですが、その一方で、壊されることを嫌う、弱い、という反対の意味も出てきます。

 

<運命的な支えが夫>
伊藤さんの場合、季節の守護神とバランスをとる守護神、共に配偶者です。
そして、要の星も配偶者、つまりは夫です。
伊藤さんにとって、夫は自分を支えてくれる、大切で重要な存在です。
一般的にいう夫婦の支え、ということではなく、運命的な支え、ということです。
やれ、ブログで二宮さんとの交際を匂わせている、とか、偶然を装う小悪魔だとか、ネット上をざわつかせることもあるようですが、伊藤さんが、夫選びには慎重に、それこそ戦術的に貪欲になるのは、ファンの人たちの心理や、よい悪いは別にして、算命学的には至極当然のことだ、と思います。

<二人の相性は?>
総合判定で52%です。平均的な数値です。
前田敦子さん、松潤さんと異常に高い数値が続きましたが、ごく普通です。

<出会いの時期は?>

二人の出会いは2012年とのことです。
偶然にも二人とも、もともとの命式内に、まとまりが悪く壊れる、という意味の冲動を持っています。
そして、月干支、家系の場ですが、ここがお互いが納音、正反対になっています。
そしてもう一つ、大運もお互いが納音になっています。
綾子さんは26歳から35歳まで、いわゆる「(運命の人と)出会いやすい時期」になっていました。

<結婚の時期は?>

2018年2019年は伊藤さんの天中殺の年にあたりますのでお勧めはできません。
天中殺に始めた事柄はまっとうできない、ということが知られています。
では2020年東京オリンピックの年はどうかといいますとこの年は子年にあたります。
先ほども述べたように、二宮さんも伊藤さんも、子午の冲動をもともと宿命に持っています。
それにオリンピックイヤーに回ってくる子年が、加わりますと、子午の冲動がもう一つ増えることになります。二人とも、「二重冲動」ということになって、運勢的にガタガタとまとまりの悪さが増幅させられることになります。
上手に乗り切ればいいだけの話なのですが、やはり結婚となると、どうでしょうね。
結果、直近で一番よいのは2021年ということになります。
先は長いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました