【占い】瀬戸大也、妻の決断にただよう違和感・・・不倫がバレなくても家庭は崩壊寸前だった?

不倫
記事上広告
Sponsored Link

瀬戸大也選手とその妻・優佳さんについて占います。

日本競泳界のエースで、東京五輪の金メダル候補、瀬戸大也さんの不倫が報じられました。

超一流アスリートにして美男美女、若きセレブリティカップルとしてテレビCMなどでも夫婦で共演していました。

ところが、夫の大也さんに、複数人と不倫関係があったことが報じられたのです。ご本人は事実と認めています。

元飛び込みの選手だった、妻・優佳さんがインタビューに応じました。

引き続き夫を支えていく、離婚はない、としながらも、大也選手との日常生活における「行き違い」を語る。その姿に、違和感を覚えました。

違和感の原因は何か?算命学的に検証していきたいと思います。

 

瀬戸大也さん

1994年5月24日生まれ

瀬戸さん自身は、切れ味の鋭い斧です。季節は初夏。

荒々しい前進力のある人で、アスリートっぽい命式をもっています。

変化後ですが殺印相生完全格を持っています。

運勢が大変強く、宿命の器が大きく大成功者になれる宿命です。

 

守護神について

下図をご覧ください。守護神は年干の甲木になります。

 

年干の甲木は、調和の守護神・破の守護神を兼ねた大変ありがたい守護神です。

人物になおせば、妻です。(それなのに_| ̄|○)

もう一つ目を引くのが土性の多さです。土性は人物に直せば「母」で母の影響は免れません。

土性は忌神でもあります。

しかも、帰星・要星ともに母性愛の星・玉堂星です。母思いでマザコン。

母の影響力から抜けだすのは大変です。

 

最大の特徴:七殺格

下図が瀬戸さんの人体図です。

真ん中の星、主星が「攻撃の星」になっています。

しかも陰占に散法がなく、人体図に鳳閣星・調舒星もありませんので、強烈な攻撃力や行動力をストレートに発揮させる「七殺格」を持つ人です。

思いつくとすぐに行動に移し、一度言い出したらきかない、暴走するおそれもあります。

アスリートには不可欠な要素とは言えますが、周りの人は大変な思いをするのではないかと思います。

※なお、瀬戸選手の大運を見ると、25歳の大運から「制御する星・鳳閣星」が回っており(現在26歳)、落ち着き始めだしたのでは?と思われます。

インタビュー内で妻・優佳さんがおっしゃっていた

「このまま金メダルを取ったらいよいよ手のつけられない『裸の王様』になってしまうと感じた」という文言に、占い結果との一致を感じます。

制御不可能な攻撃力を発揮した姿とはまさに「裸の王様」のような感じなのかもしれません。

もう一つは、人体図の右手・左手が共に「同じ星(龍高星)」になっています。

「両手に花」といい、文字通り両手に花(異性)を抱えた状態。「人生を二度歩む」とも言われています。

 

妻・馬淵優佳さんについて

優佳さん自身はともしびです。人を引き付ける魅力のある人です。

 

宿命に、殺印相生一点破格と、変化後ですが印綬格一点破格があります。

夫の大也さんに負けず劣らずの大変に強い運勢を持つ人です。

 

夫中殺

優佳さんの命式です。

宿命に生年中殺を持っている人です。基本的に両親には頼れません。

そして夫は、年支の壬水になり、夫も中殺されています。

「夫中殺」は、夫を頼れない、夫に期待してはいけない、という意味です。

 

納音での結婚

二人が結婚したのは2017年です。下図が2017年の優佳さんの命式です。

 

このように2017年は「納音(正反対)」の年だったのです。実に60年に一度の確率です。

どういうことかといいますと、思っていたのと正反対の結果になる、幸せになろうと思って結婚したはずが、その反対の結果になる、という年回りだったのです。

 

違和感の正体

夫にとって妻は「守護神(調和・破の守護神)」

妻にとって夫は「頼れない、期待できない人(夫中殺)」、納音での結婚。

いくら「離婚はせず夫を支えます」と言ったところで、この矛盾、アンバランスが醸し出す「違和感」はぬぐい切れなかったのかもしれません。算命学的にみるとこういう結果になりました。

YouTube動画でご覧ください
↓↓↓

【占い】瀬戸大也、妻の決断にただよう違和感!不倫がバレなくても家庭は崩壊していた?
【占い】瀬戸大也の不倫が報じられ数週間。妻がインタビューに応じました。日本競泳界のエース、金メダル候補の夫を支えていくとしながらも、赤裸々に語る内容は不倫が報じられる前のものばかり。崩壊は不倫前からすでに始まっていた?占ってみました。【もくじ】00:00 オープニングトーク01:13  瀬戸大也選手、運勢...

コメント

タイトルとURLをコピーしました