【占い】杏樹さん、あの人だけはおやめなさい 「やめた方がいい3つの理由」

占い
記事上広告
Sponsored Link

熟年にして清純派女優の鈴木杏樹さんにスキャンダルが!
杏樹さんと長身の男性との海岸での濃密デートの様子、その後の休憩先まで克明にレポートされています。

杏樹さんは現在は独身です。お相手の俳優、喜多村緑郎さんは妻帯者で、「不倫」の関係です。
両者ともほぼ事実を認めています。

杏樹さんの謝罪文から
「お相手から独り身になるつもりでいる・・というお話があり、」
浮気男の常套句を真に受けた小娘のような言い訳、しかも挑発的で、さらに火に油を注ぐ形に。

「清楚系マジ怖い」

現在ブレイク中の若手タレントに言い放たれました。

ということで、お相手喜多村緑郎さんの宿命に焦点をあててみた場合、杏樹さんは、この道ならぬ恋に終止符を打った方が良い「3つの理由」が算命学的に導き出されました。

喜多村緑郎さん


1969年1月6日生まれ
喜多村さん自身は、宝石です。季節は
新劇の看板俳優にふさわしい華があり、見栄えがする人です。
その反面、実用向きではなくお飾り的なところがあります。
とにかく寒い季節の宝石ですから、土中で凍り付いてしまわないように太陽の暖が必須です。

やめたほうがいい理由その1  <母の影響>

下図をご覧ください。喜多村さんとお母さんの場所を示しています。

お母さんが年干、父親の場所にいて、父親のように精神的にしっかりしたお母さんであることを示しています。

そして、同じ干が複数あり、母親の影響力が大変大きいことを示しています。

ところが喜多村さんは、母中殺を持ち、そのためその影響力はゆがんだ影響力となり、その影響力から抜け出せない人、ということにもなります。

 

やめたほうがいい理由その2  <妻に求めるもの>

下図のように妻が妻の場に鎮座しています。

妻の役目をきちんとこなす、妻らしい妻が、宿命通りの妻ということになります。

そして守護神、丙火(太陽)ですが、それが妻ということになります。喜多村さんにとって「妻が神」です。

<陽占における妻>

下図の人体図もご覧ください。

配偶者、つまり妻の場が「玉堂星」になっています。

これの意味するところは、この方が妻に求めることは、母親のような母性愛に富んだ妻であってほしい、ということです。

「母親の母性愛」を妻に求めている人のようです。

それに加え、下図のように玉堂星が合計3つもあります。

ご本人は大変優しい人なのです。そのやさしさは「男性的なやさしさ」というよりは「柔和で繊細な女性的なやさしさ」まさに、母性愛のようです。

こういう男性は女性の母性本能をくすぐるのが上手で、甘え上手な男性である場合が多いです。

このように、母性愛にまみれ、母性愛を武器に、母親のような女性を求めている、まさに「母親まみれ」の状態です。

 

やめたほうがいい理由-その3 -暗合について-

<三角暗合>

このように三角暗合というものがあります。

意味は、配偶者がありながら愛人を持つなど、自身の欲望を抑えられず、欲望に振り回される、というものです。

ただし回避方法があり、この場合はきょうだい・友人などで苦労をする、ということです。

具体的には、きょうだいが起こした問題の尻ぬぐいをさせられる、とか、友人に裏切られるなどです。

 

もう一つ、すべての天地に暗合があります。

カリスマ性があり新しいものを生み出せる人という意味ですが、妄想や虚の世界に没入 し現実がおろそかになりやすいところもあります。

まとめ

杏樹さんは現在独身です。パートナーが欲しい、という気持ちは自然な気持ちだろうと思います。

しかし、喜多村さんはまず妻帯者であること、そして、母親に愛され母親の影響を強く受け、理想を母としている人です。人によってはそういう男性を微笑ましく迎え入れる、まさに母性愛に富んだ人もいるでしょうが、杏樹さんの宿命からはそれらはうかがえません。

そして、優しい人だけれどもそのやさしさには、ゆがんだやさしさを含み、妻がありながらもっともっとと欲望に振り回される、こういう人は、結婚して伴侶を得る、というよりは、単に母性愛に包まれていたい人のように思います。

YouTube動画でごらんください。

 ↓↓↓

【占い】杏樹さん、あの人だけはおやめなさい、運勢的な3つの理由。キーワードは「母性」です!
不倫相手の喜多村さんは、華があり見栄えのする人です。母性愛に満たされ、母性愛を武器に次々と・・・。思い当たる節はあるはずです。そんな宿命です。「妻が神」ではありますが、あまりにも・・・。続きは動画で。◆◆◆チャンネル登録お願いします(=^・^=)◆◆◆↓↓↓                    ↓↓↓https...

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました